旅行だけじゃないエコノミークラス症候群の原因と予防方法

>

エコノミークラス症候群の治療と予防方法

エコノミー症候群の治療方法

エコノミー症候群(急性肺血栓塞栓症)の治療方法は大まかにいえば肺の動脈を塞いでいる血栓を投薬治療で溶かすか、外科手術で取り出すかの2種類の方法で治療を行います。

まず軽度の急性肺血栓塞栓症である場合、行う処置は「抗凝固療法」です。
肺はもともと血栓を溶かす能力が高い臓器なので、小さい血栓は数か月かければ自然に溶かしてしまいます。
そこで「抗凝固療法」では、ヘパリンという薬を点滴で投与してこれ以上体内に血栓ができないような治療をほどこし、その後一週間ほど経過を見て、ワルファリンという同じ効果のある飲み薬に切り替えます。

外科的な治療方法は「カテーテル治療」があります。
カテーテル治療は投薬治療が行えない、心停止など緊急事態場合に行われる方法で、カテーテルを肺の血管まで挿入して血栓を直接取り除きます。

エコノミー症候群の予防方法

エコノミー症候群(急性肺血栓塞栓症)の予防方法は、血栓を作らないように血管の流れをよくすることが重要です。
まずは足を動かして血流をよくする方法はエコノミークラス症候群の由来となった、飛行機に乗る時、長時間の車移動、長時間のデスクワークなど動けない状態でも意識して足を動かすことは血流が良くなるのでエコノミークラス症候群の予防になります。

ほかに血流をよくする方は、水分を良く取る事です。
水分がじゅうぶんな状態ならば、血管内の血流も良くなるため血栓も発生しにくくなります。
一方同じ飲み物でも脱水症状を引き起こすアルコールや利尿作用の強いコーヒーの様なような飲み物は、体の水分量が低下するので血流が悪くなるため控えるようにしましょう。