旅行だけじゃないエコノミークラス症候群の原因と予防方法

エコノミークラス症候群の発症原因と予防対策

エコノミークラス症候群の原因と症状と予防方法

エコノミークラス症候群は旅行中にもなる身近で恐ろしい病気です。 この名前の由来は旅行をする際、長時間の移動時に椅子に座り続けることにより発生する血栓が原因となる事からこの名称となりました。 良く聞かれるようになったこの病気について詳しく見ていきます。

エコノミークラス症候群とは?

皆さんは、この様な注意や話をネットやテレビで聞いたことは無いでしょうか?
「ヨーロッパ旅行に行った人が帰国したら急死してしまった、あんなに健康な人が何故?」、「肺の血管が血栓で塞がれて呼吸困難で病院に運ばれて、お医者さんに長時間のデスクワークをするときには必ず水分補給と休憩で歩き回る事を指導された」、「大きな災害があった時に車中泊をしていると、必ず数時間おきに体を動かして水分を補給するように言われた」、これらの事は全て、通称「エコノミー症候群」、正式名称は「急性肺血栓塞栓症」と呼ばれる疾患の症状や予防の方法なのです。
このサイトでは身近になりつつあるエコノミー症候群(急性肺血栓塞栓症)についてご紹介いたします。

そもそもなぜ急性肺血栓塞栓症はエコノミー症候群と呼ばれるようになったのでしょうか?その理由は急性肺血栓塞栓症の原因がエコノミークラスで旅行をする際の姿勢が問題でした。
また近年、急性肺血栓塞栓症は死亡者数が増えている事で注目を集めています。
エコノミー症候群と旅行の関係と近年の死亡者数についてご紹介いたします。

急性肺血栓塞栓症はエコノミー症候群の名前で有名になってしまったため、原因が姿勢だけと思われていますが、本当は複数の原因が存在する事と、エコノミー症候群とは実際にどの様な症状の病気なのかご紹介いたします。

最後にエコノミー症候群の投薬治療方法と外科的治療方法と予防方法をご紹介させていただきます。

おすすめリンク

エコノミークラス症候群の原因と症状

エコノミークラス症候群と聞いて、長時間椅子に座っている事だけが原因と思われているかもしれませんが複数の要因があって発症するようです。 そしてエコノミークラス症候群の名前は聞いたことがあっても実施にどの様な症状がでるかご存知の方は少ないと思います。 そこで発症の原因と発症した場合の症状をご紹介いたします。

エコノミークラス症候群の治療と予防方法

エコノミークラス症候群の治療方法は軽度の場合に行われる内科的な投薬治療と重度の場合に行われる外科的な治療をご紹介すると共にご紹介するのは発症しないためのとても簡単な予防方法です。 長時間の移動の際や日々のデスクワークなど体を動かさない時に予防となる方法をお教えします。